企業研修@東京

IMG_3785

 

7/3-4の2日間、東京で企業研修目的のワークショップを実施させていただきました。ご参加くださったのは、グループ企業2社の幹部メンバーの皆さんでした。初めてご縁をいただいた企業の、初めてお会いする方々との2日間。今日は、その時の様子に自分の感じたことを添えてまとめたいと思います。

 

今回のご依頼につながる最初のきっかけは、クライアント企業からいただいた一通のメールからでした。

 

今から遡ること約2ヶ月前、仕事で沖縄に滞在中、そのメールは届きました。わたしがオーラソーマ®や全脳思考®を組み合わせた企業対象の研修ワークショッププランを考えていることを、とある方のご紹介で知り、興味を持ってくださったその企業の代表の方からでした。メールには、名古屋にお越しいただいてお話を聞いてくださる旨が書いてあり、まだ当時実績という実績に乏しいわたしにとって、見ず知らずの方からの唐突なご連絡。うれしながらもかなり半信半疑。でもうっすら、「これはもしかしたらすごくいいことが起きるかも!」という予感(というよりも期待?)を抱きつつ、その日の夜は部屋の中にいる蚊のブーンブーンという音(すごく嫌いなんですあの音!)と格闘しながら眠りについたのをよく覚えています。

 

翌月、初夏のとても暑い日に、名古屋のPower in Uのスペースに、代表者の方と役員の方2名でお越しくださいました。そこで、オーラソーマ®についての説明やどのように研修の中に取り入れるかなどを説明させていただきました。実際にボトルを1本選んでいただいて説明させていただいたりもしました。その結果、その企業における研修目的のワークショップを実施する方向で話を詰めさせていただくことになり、今回の実現に繋がっていきます。

 

自分で選んだ自分の「色」をそれぞれ自分で感じて文字に落とすワーク!

自分で選んだ自分の「色」をそれぞれ自分で感じて文字に落とすワーク!

 

そして当日を迎えました。女性1名を含む7名の方々を参加者にお迎えして、ワークショップは始まりました。

 

今回このお話をいただいて、いよいよ自分が現実にしたいと思っていたことが実現するというワクワクする気持ちの裏側で、少しだけ不安に感じていたことがありました。それは、「男性にオーラソーマ®の色彩はどのように受け止められるのだろうか」ということでした。この少しの不安は「よくわからない緊張感」にとって代わり、前日の夜はなかなか寝付けませんでした 笑。

 

参加者の皆さんは、長年一緒にお仕事をされているという背景が容易に想像できるくらい、お互いを熟知して認め合っていて、とてもアットホームな雰囲気に、すっかりわたしも「仲間」に入れてもらえたような気持ちになって、開始早々から救われた気持ちになりました。

 

今思えば、それまで感じていた不安も前日の夜の緊張も、全く感じる必要がなかったのと同時に、その不安や緊張は、わたしの「思い込み」によって生じていたことだ、ということに気づきます。これは、この2日間を通して得た大きな気づきにも匹敵します。実際、今回ご一緒してくださった皆さんは、とても純粋に「色彩を通して自分自身を見つめること」に取り組んでくださいました。そこには、普段お仕事の中ではあまりする機会を得ないような、自分自身についてのシェアやお互いを補い合うアドバイスもありました。これまでわたし自身がオーラソーマ®の色彩を通じてたくさんの方と関わってきた時に目にする光景と何ら変わりはありませんでした。

 

Business Model You®のフレームを使って、自身の「働き方」の棚卸し

Business Model You®のフレームを使って、自身の「働き方」の棚卸し

 

これまでわたしがオーラソーマ®で関わることができた人たちのほとんどが女性であるという経験が、「もしかしたら男性にはあまり受け容れられないのかもしれない」という思い込みを作り込んでしまったのかもしれない、ということを思うのと同時に、今回の経験を通じて、「男性だから・・・女性だから・・・」という極端な区別と思い込みを手放すことができました。これは、わたしにとってとても大きな気づきであり出来事です。

 

色彩に自分を投影することは、誰にでもできることであり、その色彩に何を感じるかは、その人次第である、ということ。そしてそこに真摯なコミットメントがあることで、色彩を選んだ人の前に「真実」として自身のことが語られ、受け取ることができる。

 

自分のことを一番に理解する人が、「自分自身」であることで、他者や環境への理解する視点もがシフトしていきます。それは自然に起きていきます。

 

全脳思考®のチャートを描いて、近未来を創り上げて行きます。

全脳思考®のチャートを描いて、近未来を創り上げて行きます。

 

 2日間を通して、午前中はオーラソーマ®の色彩を通して、自分自身を見つめていく時間に、午後は、Business Model You®で具体的な自身の働き方の棚卸しを、そして、全脳思考®チャートを用いて、所属の会社のグループに分かれ、それぞれが直面している課題への解決プロジェクトが立ち上がりました。とても「具体的」なアクションとともに。

 

「研修というものの概念が変わりました」

「ボトルを使い自分を改めて見直す機会を設けることが出来たのも良かった」

「自分自身の思考の棚卸しや課題解決に向けて新たにプロジェクトが始動できて良かった」

「久しぶりに他社メンバーの皆さんとコミュニケーションを取る機会が持てて良かった」

「自分のことが再確認できました」

 

今回いただいたフィードバックの一部です。

 

今回ご一緒した皆さんからは、2つのとても重要なプロジェクトが発案され、それらが動き出しました。プロジェクトの成功と皆さんおひとりおひとりのこれからの更なるご活躍を願います。

 

Power in Uで提供するワークショップは、基本的にほとんどが「アウトプット」です。ご自身で見て、考えて、整理して、語って、聴いていただくこと。よって、わたしは「研修講師」ではなくあくまでも「ファシリテーター」です。 この「新しい研修スタイル」が少しずつ広がっていくことをめざしつつ、わたし自身も自分自身を見つめていくこととファシリテーションをより深く学んでいくことを続けていきたいと思います!

 

この大きなステップを踏めたことへの感謝を込めて

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です