色のボトル徒然

20121213_30379

今日は、オーラソーマ(R)4本のボトルを使ったコンサルテーション。
その準備のために、自宅で久しぶりに111本のボトルを並べる。

やはり111本並ぶと圧巻。

そして、クライアントさんを迎え入れて、選び方の説明をする。
わたしが特に初めてボトルを目にする方にお願いするのは、
好きでもキライでもなく、ただ自分の視覚はたまた感覚が
引き寄せられるボトルを選んでほしい、ということ。
その「引きの強さ」順に、4本を選んでほしい、ということ。

心地よいものもそうでないものもきっとある。
でも、心地よい・悪いを基準にするのではなく、ただ自分が強烈に
惹かれるものを選んでほしいなあ、といつも思う。

仮にも心地悪いと感じるけども強烈に惹かれるボトルがあったとする。
そしてその時感じる「心地悪さ」にもきっと自分が映し出されているはずだから。

このボトルたちは、本当に自分の写し鏡だなあと感じる。

だから、4本を真剣に選ぶというのは、なかなかもって勇気の要る作業だ。

そして、その色の持つ言語をお伝えするのも、なかなか勇気が要るのです 笑。

とはいえ、このなかなか勇気が要る作業が大好きでやめられない理由は、
目の前のクライアントさん自身が、自分の中で何かを発見したり、確認したり、
時には「見たくもなかった」自分に勇気を持って向かい合ったりする姿が、
ただただ美しい、と感じるからではなかろうか、と。

だって本当に美しいよ。

オーラソーマ(R)のボトルは、選ぶ人自身の「選択」であることにくるいない。

だから、その「選択」の準備ができた人に出逢えるんだとつくづく思う。
今日のクライアントさんも、もれなくそのひとりだった。

わたしとオーラソーマ(R)

ということをとても良い意味で考えさせてくれた時間でした。
という今日はなんだか活動報告とうよりも、徒然草的な書き物になりました。

画像は、77番マゼンタ/クリアーのボトル。
名前は、聖杯/The Cup

一番最初に使った記念すべきボトル。浴びるように何度も使ったボトル。
路頭に迷って、何か答えが欲しくて「なんでも受け取りまっせ」と
思いながら使ったボトル 笑。本当にこれまでたくさんのことを
受け取らせてもらってきたなーあ。と思うとホントに感謝のキモチ。

とてもいい日でした。ありがとう。

20121213_30401

あなたがもっとも呼ばれる1本はどれですか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です