お客様からのご感想ー「自分を知ること」を企業が取り入れた時に何が起こるか?

これまで弊社Power in Uがご提供した法人向け研修・ワークショップ・ミーティングファシリテーションにご参加くださった方々からの「ご感想」の一部を公開させていただきたいと思います。参加者の方々の受け取り方は、当然のことながら様々です。あなたの組織や、あなたご自身が抱える課題への解決へのヒントが隠れているかもしれません。

(1) 中間管理職層(ミドルマネジメント)向けの社内プロジェクト・マインドセット研修

実施対象:
クライアント企業が新規に立ち上げた社内プロジェクトの運営メンバーに選ばれた、中間管理職層の皆さん向けに実施した「マインドセット研修」への参加のご感想です。

実施概要:
2日間にわたって開催されたこの研修の実施目的は、「プロジェクトの主旨をメンバー全員が理解し、方向性とその認識を統一する」ということでした。1日目は、様々な形で「自分を知ること」その上で「メンバーを知ること」に多くの時間を割いていただきました。そのプロセスを経て、「プロジェクト運営委員会」という組織の役割を「客観的に理解すること」を踏まえ、最終的にプロジェクトゴール日程までの行動計画を作成した、という流れの研修でした。

 


Power in Uからの質問 1:
「あなたが今回の研修で得たことは何ですか?ご自由にお書きください。」(必須回答・記述式)

 

  • 相手への伝え方や受け答え方について考えるようになったと思います。また知らないメンバー同士が集まる場の進め方についても参考なったと思います。

 

  • 頭の中だけで整理するのではなく、表現しながら掘り下げを行うことで、なぜを考えることができました。また仕事の進め方のアイデアも学ぶことができ勉強になりました。

 

  • 自分の中で今回のプロジェクトの実施理由について漠然とした答えを持っていたが、今回の研修で社員にしっかりと落とせるように明確となった。パーソナルビジネスモデルの活用によって答えが明確になったと思われます。答えを導く方程式を得た感じです。現場でも機会があれば使用したいです。

  • ファシリテーターとしての基本的な立ち位置

 

  • 考えられる案・可能性を吐き出し、そこから削って精査していくことで、精度の高い物事を作り上げることができることを体感できた。

 

  • コミュミニケーションの大切さ。意見の出し合い。それを自分なりの方向性(ゴール)を持ちながらまとめていく重要性。

 

  • 管理者として部下からの質問に対し、自身の考え・答えを先に伝えるのではなくて部下自らが考え・答えを導けるような問いかけをする術と心がけを得ました。


————————————————————–

IMG_3785

Power in Uからの質問 2:
「今回の研修で感じたことや、担当ファシリテーターに伝えたいことがあれば、ご自由にお書きください。」(記述式・自由回答)

  • 正解のやり方が無く、それぞれやり方が変化するものだと感じた。もっと詳しく、各々のやり方、自分のやり方を知りたかった。

  • ゴール設定をあまり理解しないで参加していたが、結果として自身に落とし込まれていたので、導き方がすごい。香や私服等でリラックスして参加できた。

  • メンバー同士の一体感を得られたように思います。ファシリテーターの盛り上げのおかげだと思います。

  • 直接示していただいたわけではなく、導いてくれたと感じています。ありがとうございました。

  • リラックスした状態で研修に参加できました。緊張状態で意見を搾り出すのではなく、相手にイメージを与えて答えを導く手法を、実業務でも意識して行っていきたいと思いました。

  • 今回の研修は今までには受けたことのない新しいものでとても勉強になりました。楽しく学ぶことが出来き同時に自分の実行委員としてすべきことが明確になりました。社員向けの研修でも効果がありそうな気がしました。

————————————————————–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です