スキルが・・・ない!!??わけない話。

今日も天気予報は外れません。
体感温度38度の名古屋よりお届けしております。。。
陽が傾いても、まだまだ暑い。。。

13728311_1405148749512165_821100314_o我がオフィスの毛玉な方たちも、
ひたすら昼寝zzzzz….の毎日です。

———————————————

先日、『わたし時手帖』の共著者である竹中章惠女史こと
はーちゃんと、今年の9月に発売される『わたし時手帖2017』の
ことについて、電話で話していたときのこと。

・・・とその前に、
皆さん、『わたし時手帖2016』(KADOKAWA)ご存知ですか?

o048506821442491544423
初出版から8年も続けて制作されている、
手帖界の”セミご長寿手帖”なのです!!!

Power in Uは、設立翌年の2015年から、コンテンツのご協力を
させていただいているのですが、2017年版もご協力させて
いただけることに!(嬉)

なんと9年目になる『わたし時手帖2017』、
ぜひ皆さんもお手元にとってご活用くださるとうれしいです!
あと数か月、9月に発売になるそうです!
よろしくお願いします!

・・・と宣伝は一旦このあたりにして話を戻します。

前出のはーちゃんと、『リソース』について話していました。
わたしたちひとりひとりが持つ『リソース』について、です。

※『リソース』 = 個人が有する才能やスキルなどをここでは指します

Power in Uの個人セッションやワークショップに
過去ご参加くださった方々には、
『あなたのリソースにはどんなものがありますかー?』と
お聞きしたことが何度もあります。

IMG_4506
画像:過去開催したリソース発掘ワークショップの模様@Unica

この『リソース』、例えばお仕事のシーンで言い換えるなら、
『スキル』。そう、誰しもが身に着けたい『○○スキル』。
今ではこの『○○』にも様々なラベルが付くようになりました。

取得できる『資格』も、わかりやすい『リソース』ですね。
○○認定の○○○資格・・・も、この世に数えきれないほど存在します。

個人セッションやワークショップ参加者の皆さんのみならず、
企業クライアント先の所属社員さんとも、
この『リソース(スキル)』について、お話を伺うことがあるのですが、

・・・ わたし、スキルないんです ・・・
・・・ 全然スキルが足りないんです ・・・

といったような発言を聴くことが少なくありません。

わかります、心からわかります。
スキルってどこまでいっても「十分」になった気がしないもの。
このスキルを身に着けたら、今度はあのスキルも必要かも・・・
そしてこの前話に聞いたスキルもあったらいいと思う・・・

なんて、いつしか「スキル百貨店」のラインナップを
取り揃えなくてはいけないような気になるのかもしれません。

でも、、、
全てとは言いませんが、
そして大声ではあまり言えませんが。。。。。。。

なくても実際なんとかなってしまうもの(ボソ)

も、スキルなのではないか、と思ったりもするわけです。

決してこんなこと自慢して言えるわけではないですが、
こんなんして書いているこのワタクシも、
全くの未経験・そして最後の最後まで無資格で、
かつては企業の役員さんの秘書をやり通しました。

買ったんですよーーーーー
秘書検定の問題集とか、参考書とかーーー
でも結果、手垢すら付けずに、本棚の飾りにて終了。
古本屋さんに売られていきました・・・

幸い、周囲の同僚の皆さんやセンパイ秘書さんたちの
おかげで、見様見真似でやり通してきたわけですが、
時間の経過とともに、それも「自分のやり方」に
変わっていきました。

まあ、結局のところ、何が言いたいかというと、

外で学んで身に着けるスキルも大事だけれど
すでにあなたの中にあるスキル(すなわちリソース)を
自分で認知して、それらを使うと、
自分だけでなく周囲の人にとっての助けにすらなる

ということなんです。

じゃあ一体その「自分の中にあるスキル(リソース)」は、
どうやって見つけたらいいのか?

って話なんですが、とてもシンプルです。

毎日当たり前に自分がやっていることを見つめなおす

ただこれだけ。ポイントは「当たり前にやっていること」です。

日常生活、家庭、仕事、趣味、遊び・・・
ありとあらゆるシーンで、
あなたが「当たり前にやっていること」って何でしょうか?

それら恐らく全部あなたの「リソース」だと思います。

このことについては、『わたし時手帖2017』の中で、
しっかり伝えさせていただいているので、
ぜひ見てみてください!9月発売です!(クドイ!笑)

あともう1つだけ。
すでにあなたが、自分のリソースやスキルを認識しているのなら、
それを身近な人で「ぜひわたしも身に着けたい!」と思っている人に
分かち合ってみてください。

教えるなんて大それたことはしなくても良くて、
ただ「あなたがしていること」を「話してみる」だけで、
それはもうすでに分かち合いなのです。

人に伝えることの利点は、
「あなた自身がそれについて認識をより深められること」と、
それを欲している人が知ることによって、
「その人のリソースを増やすことに貢献できる」という点。

Let’s share! なのです。

今日は、なぜかわからないけれど、
こんなことが書きたくなりました。

ぜひあなたの『リソース』、再認識してみてください。
そして・・・
『リソースやスキルなんてありません。』なんて、
これからは言わないでくださいね!

読んでくださりありがとうございます。

持田 直子
Power in U, Inc.

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です