毎日更新:10月「家族の座」リトリートを開催します Vol.1

こんにちは。
Power in U の持田直子です。
なかなか秋らしくならない名古屋よりお届けしています。

今からちょうど1ヵ月後に控えた

斎藤ダソによる家族の座と瞑想リトリート3days
※Facebookのイベントページが開きます
※Facebookユーザーでなくても閲覧可能です。

についてここしばらく続けて書いてみようと思います。

興味のある人もさほどない人も、
ぜひお時間とって読んでくださると嬉しいです。

毎日更新していきます。

img_0002

今回会場になるワークのスペースです。
瞑想をすることを目的に作られた場所だそう。
広々していて、天井も高く、
窓の向こうに見える白樺林の風景に、和みます。

——————————–

Vol.1   家族の座リトリートを企画する理由その1

まずは手始めに、
今回このリトリートを企画した一つの大きな理由から
書き始めたいと思います。

理由はとてもシンプルで、
この「家族の座-Family Constellation」
参加した人に与える気づきの深さです、
それは、私自身のこれまでのこのワークとの
体験を通して、またワークを共にした方々と
分かち合われたことが根底にあります。

実際の「家族の座」という名前にあるように、
このワークは元来「家族」という誰もが持ちうる
人間関係にフォーカスしたものであるのですが、
ワークの実用性としては、
ありとあらゆる「関係性」にフォーカスすることが
できるという「汎用性」も兼ね備えています。

実際にこれまで私が参加したワークショップの中で
取り上げられた例の中で、記憶にあるものを
挙げてみるだけでも、ざっとこんなにあるんです。
ちょっと見てみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

-両親や兄弟姉妹や祖父母と自分(※私も体験しました)
– 仕事と自分
– 経営する会社と自分(※私も体験しました)
– 勤務先の会社とその親会社と自分
– 会社の上司・同僚・部下と自分
– 会社の従業員と自分(=経営者)
– 会社の販売する商品・サービスと自分

– パートナーと自分
– 過去のパートナーと自分(※私も体験しました)
– 友人と自分
– お金と自分
– 長年患っている病気や症状と自分
– 悩んでいる転居候補先(複数)と自分

これだけ見るだけでも、私たちが持つ「関係性」に
おいて、その種類の多さと、
それらを”扱う”という意味において、
このワークの「汎用性」の高さが伝わるのでは
ないかと思います。

たった今、これを読んでくださっている
あなたにも何かしらの形で上記に挙げた
関係性のテーマが実際にお有りになるのでは?
と思います。
そしてそれは、当然のことだと思います。
あるから「良い」ないから「悪い」と言った
二元論で問いかけられるべきことでは全くなく、
誰しもが生きていく上で起きることばかりだと
思うのです。

そして、これらの関係性において
実際に自分自身が、
喜びを得たり、感動したり、安堵を得たり、
その一方で、
不安や不満を感じたり、怒りを覚えたり、
葛藤や悩みの種になることも、
事実ではないでしょうか。

そうです。
あなたを含む全ての人の人生において、
関係性が無くして成り立つことなど
ほぼ皆無なのです。

そのありとあらゆる種類の関係性へ
焦点を当てていくのが、
この「家族の座」というワークの
アプローチであり、
このワークに参加する最大の利点は、
これらの「関係性」への「解決策」を
提示されることではなく、

当事者である私自身であり参加者それぞれが、
その「関係性における新たな視点」を手にいれること

に尽きると思っています。

え?解決してくれるんじゃないの?

と思う方もいらっしゃると思いますが、
「解決された状態」というのは、
こと「関係性」において、
起きることであり、仕掛けたり
引き起こすことではありません。

ここでいう利点の「新たな視点」について、
もっと突き詰めると、
単に「思考」ではなく、体全体を通して
受け取ることができるのが、
このワークの特徴かつ利点であると思うのです。

常に思うことなのですが、
「思考レベル」で受け取ったことは、
一瞬の気づきをもたらすのかもしれませんが、
同時に、
一瞬で終わってしまう可能性も否めません。
しかし、体を通して、
すなわち自分という存在の全体で受け取ること
によって、受け取った人の中の深いレベルに
浸透していくのだと感じます。

では、どうして「自分という存在の全体で受け取る」
ということをこの「家族の座」は可能にするのでしょうか。

それについては、明日に続けて
私の見解を書こうと思っています。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

ぜひFacebookのPower in Uページ
いいね!をしてくださると嬉しいです。
更新情報は、このFacebookページで随時
お知らせしています。
——————————————————

これまでに参加した「家族の座」の
ワーク感想についてまとめたものを置いておきます。
ぜひ読んでみてください。

2015年5月のPower in U blog
2015年6月の持田個人blog

2016年10月28-30日開催の
斎藤ダソによる家族の座と瞑想リトリート3days
ご案内とお申し込み受付を開始しております。
上記リンクから、詳細をご確認ください。
お申し込みも上記リンク先よりしていただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です